うつわ

日本全国の素晴らしい「うつわ」をご紹介。

宮本 博

師匠である父の仕事は、京焼の代表格である仁清・乾山などの生地を焼き、窯元として抹茶茶碗、花器、香炉などの荼道具を中心に作陶する。二十歳の頃、陶芸家として独自の作陶に広がりを求め、展覧会に挑戦し評価を得る。